何が違うの?電子タバコと通常のタバコとの差とは

通常のタバコの仕組みとは

通常のタバコとは、従来の紙巻きタバコのことを言います。専用の紙に、細かく刻まれたタバコの葉を巻いて火をつければ、フィルターを通してそのまま喫煙できるという仕組みです。香りを良くするために香料が加えられていることも多く、メンソールのほか、ココアやラム酒、バニラなどの甘い香りがついているものもあります。

通常のタバコには、ニコチンなどが含まれています。有害物質として知られるニコチンですが、ストレスを緩和する作用があります。脳を活性化させる性質もあるため、やる気を起こす作用の得られます。その他にも、タバコを吸うことによって気分を整えたり、逆に高ぶりすぎた神経を落ち着かせる効果も認められているのです。

電子タバコの仕組みについて

通常のタバコにもメリットがありますが、それでも体の有害なニコチンやタールなどの成分が含まれています。そんな有害物質を避けて喫煙したいという人に向いているのが、電子タバコになります。電子タバコはタバコ葉を使わずに、デバイスまたはカートリッジにリキッドを入れて加熱することによって水蒸気を発生させます。その水蒸気をタバコの煙が割に吸引することで、タバコの代わりになるというアイテムです。

リキッドを使用するため火を使って燃焼すると発生するタールなどが含まれず、通常のタバコよりも体への負担が少ないとされています。また、日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売は認められていないため、ニコチンの摂取を避けられるのもメリットです。

vapeのおすすめのモデルは、メーカーの他、電子タバコをメインに扱う通販サイトやフリマアプリなど様々な手段で購入できます。